カムカムエヴリバディ第108回・大月家、クリスマスフェスティバルへ

2022.4.2 08:15

偕行社の楽屋にてるいたちの様子を見守る大月ひなた(川栄李奈)(C)NHK

(写真5枚)

ラジオ英語講座を軸に3世代にわたる女性の人生を描く、連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。最終週となる第23週(4月3日〜8日放送)では「2003ー2025」と題し、岡山でのクリスマスフェスティバルがひなたたち家族の運命を動かしていく。

『クリスマス・ジャズ・フェスティバル』の開催を翌日に控えた第108回(4月4日放送)。るい(深津絵里)と夫・錠一郎(オダギリジョー)は、フェスティバル出演のために開催地の岡山へと出発する。

両親が一足先に岡山へと向かう一方で、ヒロイン・ひなた(川栄李奈)は「条映太秦映画村」にて、アニー(森山良子)の甥・ジョージ(ハリー杉山)と遭遇する。そこでひなたはジョージにあるものを手渡し・・・。

本作は、朝ドラ史上初となる3人のヒロインが昭和から令和にかけての100年を紡いでいく家族の物語。最終回は4月8日、その週の放送を振りかえる土曜日放送は4月9日まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本