KANA−BOONに新メンバー加入「かけがえのない存在」

2022.4.1 12:05

4人体制となったKANA-BOON(左から古賀隼斗、谷口鮪、遠藤昌巳、小泉貴裕)

(写真1枚)

3月30日にニューアルバム『Honey&Darling』をリリースしたロックバンド・KANA−BOONが、新メンバーとして遠藤昌巳(Ba)の加入を発表。4人となったバンドの新アーティスト写真が公開された。

2020年よりKANA−BOONのライブにて、サポートべーシストとして約2年間活動してきた遠藤。その間のリリース作品やニューアルバムのレコーディングにもベーシストとして参加し、バンドを支えてきた。メンバーとは、地元である大阪で高校生の頃から親交があるという。

遠藤は「彼らは昔からの大切な友人で、違うバンドに在籍していた僕にとってひとつの目標でもありました。今後も変わらず友人として、そして仲間として、一緒に音楽を楽しみ、成長し、彼らと歩んでいきたいです。みなさんにライブやいろんなところで会うのを楽しみにしています」と意気込みを語った。

ボーカル/ギターの谷口鮪は、「頼もしいベーシストであり、愛のあるやさしい仲間です。これからじっくり、あなたにもマーシーを紹介していけたらと思いますが、まずはアルバム『Honey&Darling』を聴いてみてください。彼の最高のベースプレイを感じてもらえますし、このバンドにとってかけがえのない存在なのだということも伝わるはずです」とコメント。

KANA−BOONは4月スタートの新ドラマ『恋に無駄口』(ABCテレビ)の主題歌を担当するほか、4月15日には東京で、23日には大阪でホールワンマンライブを開催。5月からは全国ワンマンツアーが予定されている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本