阿佐ヶ谷姉妹のゆるいトーク番組、NHKでレギュラー化

2022.3.31 21:30

4月4日から放送スタートする『阿佐ヶ谷アパートメント』(C)NHK

(写真2枚)

2021年に特番として2度放送された、阿佐ヶ谷姉妹によるトーク番組『阿佐ヶ谷デパートメント』(NHK総合)。4月4日からレギュラー放送としてスタートする。

ギャル部屋にマージャン部屋、早稲田部屋など、さまざまな括りで集った個性豊かな住人(出演者)たちが、「令和ニッポンの価値観」をテーマにしたVTRを見ながらゆる楽しくトークを展開していく同番組。

年代も性別も国籍も違うお隣さんと思わぬ共通点が見つかったり、自分では当たり前と思っていたことが実は違ったり・・・そんな違いを楽しみつつ、理解しあえたらという思いから生まれた企画だという。

MCを務める阿佐ヶ谷姉妹の姉・江里子は、「あぐらをかきながらでもいいし、ゴロゴロしながらでもいいし。好きな姿勢でゆるゆるっと見ていただいて、そんななかで『私はこう思う』『僕はこう思う』『わしゃこうじゃ』っていうお話が、おうちのなかで、またSNS上でも生まれるといいなと思っております」とコメント。

妹・美穂は「難しいところはお姉さんにやってもらって、私は楽しくみなさんとお話したり、たまにお姉さんを助けたりしながら、まだ知らない世界をいろいろと体験していきたいです。みなさまも、ご一緒に体験していただければうれしいです」と呼びかけた。

4月4日の初回放送は、どうしてもネガティブなイメージを持たれがちな「おばさん」という言葉について、ポジティブに変換した新たな呼び方を話し合うという。ゲストは、ドラマ『阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたり暮らし』(2021年放送)で阿佐ヶ谷姉妹を演じた木村多江と安藤玉恵。番組は月曜・夜11時から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本