原因は自分にある。、新曲は「同世代の人に響くと思う」

2022.3.31 20:15

FM大阪『LOVE FLAP』に出演した、原因は自分にある。の(左から)杢代和人、長野凌大、武藤潤(右から2番目はDJの谷口キヨコ)

(写真1枚)

スターダスト所属の7人組ダンスボーカルグループ・原因は自分にある。から、武藤潤(むとうじゅん)、長野凌大(ながのりょうた)、杢代和人(もくだいかずと)が3月29日、FM大阪の番組『LOVE FLAP』に生出演。配信楽曲やワンマンライブについて語った。

スターダストプロモーション若手俳優集団・EBiDAN内の研究生プロジェクト『BATTLE BOYS』から、現メンバーの7人が選出され、2018年に「BATTLE STREET」としての活動をスタート。その後2019年7月に独立ユニットとして再スタートした「原因は自分にある。」(愛称・げんじぶ)。

哲学的な歌詞で、ミステリアスな曲が多い彼ら。3月12日に配信された『青、その他』は、爽やかなメロディーではじまるが歌詞は報われない思いを描いているそうで、杢代は「そこに『げんじぶ』らしさを残してるのがポイントです」とコメント。長野は「僕たちのMVはアニメーションが多いんですが、今回はメンバーががっつり出ているので注目してほしい」とアピールした。

また21日に配信された『結末は次のトラフィックライト』について、杢代は「この曲も明るいイメージだから歌詞も明るいのかなと思いきや、やっぱり『げんじぶ』。悩んでるけど行動に移せないという歌詞で、僕たちが歌うことにすごい意味があるのかなって。選択肢が多い世代で、毎日いろんなことを考えてるんですけど、時間が過ぎていく。そういうのって共通で抱える悩みだったりするので、同世代の人に響くんじゃないかなと思います」と分析した。

3月28日、「Zepp Namba」(大阪市浪速区)でおこなわれたワンマンライブにて、10代マルチアーティスト・izkiが手がけた新曲『キミヲナクシテ』(4月6日配信リリース)を初披露し、話題に。そこで5都市を回る次のツアー『げんじぶ空間:case.4』の開催も発表された。9月24日の「Zepp Namba」がツアーファイナルになるという。

ツアーについて武藤は、「初めての5都市でのZeppツアーということで、公演ごとに違うことをやろうって決めてて。ファイナルでは一層成長した僕たちを見せることができるように頑張ります!」と意気込みを語った。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本