日本一高い観覧車で「月面着陸」を体験、万博の宇宙イベント

2022.3.26 17:15

『宇宙万博』スタッフの衣装も宇宙仕様で気分を盛り上げてくれる

(写真13枚)

大阪万博跡地の商業施設「エキスポシティ」(大阪府吹田市)にある国内最大級観覧車「レッドホース オオサカホイール」で、3月26日から宇宙をテーマにしたイベント『宇宙万博 2022 in オオサカホイール』を開催。そのメイン企画として、オリジナルゴンドラ「スペースホイール」を展開する。

72基のゴンドラのうち6基に設置される特別仕様のゴンドラ内で、宇宙体験コンテンツ会社「amulapo(アミュラポ)」開発による18分間の月面着陸ミッションが体験できる「スペースホイール」。

モニターに映るロケットや月、地球の映像とともにミッションをおこなう「昼」と、映像とナレーションでムーディな雰囲気のなかゆったりと楽しむ「夜」の、昼夜別々の演出が企画されており、宇宙船風の小さな窓からは万博公園と太陽の塔が見下ろせ、全高123メートルのゴンドラからリアルなロケットの高さを体感できる。

『宇宙万博』月の砂プリン(600円)

同イベントではオリジナルゴンドラ以外にもプログラムが多数。グルメゾーンでは同イベント限定のスイーツ「月の砂プリン」「スペースカラーわたあめ」といったユニークなスイーツが楽しめ、イベント期間を通して「パイロットリゾット」などメニューがどんどん増えていくという。

そのほか、入り口付近ではJAXA所有の展示品の鑑賞とともに宇宙開発の歴史が学べたり、めずらしい宇宙食やJAXAグッズが買える「宇宙の店」が出店されていたり、小学校3〜6年生が対象の「バーチャル宇宙飛行士選抜試験」(春休み・GW期間限定)などが開催されたりと見どころ満載。

さらに「スペースホイール」以外のエリアへの立ち寄りは無料なので、5月8日までの開催期間中、何度でも気軽に訪れられるのもうれしいポイントだ。「スペースホイール」の乗車は1800円(3歳までは無料)。

取材・文・写真/上地智

『宇宙万博 2022 in オオサカホイール』

期間:2022年3月26日(土)〜5月8日(日)
場所:吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内 オオサカホイール
料金:ゴンドラ乗車チケット1800円/1名 ※0~3歳までは無料

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本