菓子好き・長野博、チップスターのうんちく披露でスタジオ驚き

2022.3.16 17:45

菓子王として登場する長野博 (C)MBS

(写真1枚)

芸能界を代表する「お菓子好き」の長野博が、3月16日放送の『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS)で「ホンマに好きなお菓子&スイーツ」を紹介する。

長野が最初に「好き」と手に取ったのは、ヤマザキビスケットの「チップスター」。長野は「チップスターを2度楽しめる食べ方」として、まずは反っている外面を舌に乗せて食べ、次に逆側の内面を舌に乗せて食べると味わいが変わることを伝授。「チップスターは味がついているのは内面だけなので、表裏を変えて食べることで濃さが変わる」と解説し、実際に食べ比べたゲストの丸山桂里奈が「全然違う!」と驚く場面も。

その後、デパ地下部門で長野は「どうしても買ってしまうスイーツがある」と、フランス発祥の焼き菓子「フィナンシェ」を紹介。長野はフィナンシェを買うときに量が多い順に表記されている「原材料」を必ずチェックするという。というのも、アーモンドパウダーが小麦粉よりも多い、「よりアーモンドの風味が高い」ものを選ぶためだそうで、そのマニアックぶりにスタジオのメンバーからは思わず感嘆の声が上がる。

しかしその話をきっかけに、長野と「クラブハリエ」の代表取締役社長でグランシェフの山本隆夫氏があまりに高度な話題で盛り上がったため、リポーターのすっちーに「話に入っていかれへんわ」とツッコまれてしまう。この模様は3月16日・夜7時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本