初めて尽くしの大舞台で千尋役、橋本環奈に情熱大陸が迫る

2022.3.12 19:45

女優・橋本環奈 (C)MBS

(写真1枚)

3月2日に東京で開幕した舞台『千と千尋の神隠し』。世界初となる公演で主演を務めることになった女優・橋本環奈に、『情熱大陸』(MBS)のカメラが密着する。

これまで数多くの映画やドラマに出演し、CMや雑誌、バラエティ番組と幅広く活躍してきたが、舞台作品の出演は今回が初めてだという橋本。

役者の憧れである「帝国劇場」を皮切りに日本各地で上演が予定され、翻案・演出はミュージカル『レ・ミゼラブル』を手掛けたことでも知られるジョン・ケアード・・・と、普通ならプレッシャーにさいなまれるだろう大役だが、橋本は持ち前の明るさで常に周囲を和ませる。稽古中、ジョンも「環奈を探すのは簡単だ、大きな笑い声がするからね(笑)」と話すほどだ。

2021年10月の取材開始以来、公開予定の映画2本の撮影、レギュラーバラエティ番組の収録、CM撮影、雑誌取材とあちこちを飛び回る姿を番組のカメラは捉えた。だがスタッフによると、橋本が現場で台本を読んでいる姿を見たことが無いという。

橋本は楽屋で携帯を見ており、何かと尋ねれば大好きな漫画を読んでいると話す。それでいて現場に立てば、ほぼ一発OKと完璧な仕上がり。どんなに忙しくとも、すべて頭に入れてから現場に臨んでいる。

「世界的演出家が手掛ける」「誰もが知る名作」「世界初演」というこれ以上ない初舞台を踏む23歳に番組が迫る。この模様は3月13日・夜11時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本