藤崎&ニッ社が子どもたちと実演、大阪・万博でイベント開催

2022.3.12 07:15

子どもたちとコンテンツを楽しむ4人

(写真9枚)

「デジタル体験」をテーマにしたイベント『やってみた展 カラダで学ぶ遊園地』が、3月12日より「万博記念公園」(大阪府吹田市)で開催。そのマスコミ向け内覧会が11日におこなわれ、お笑いコンビ・藤崎マーケット(田崎佑一、トキ)とニッポンの社長(辻、ケツ)が登場した。

「『体験する』ことは『学ぶ』こと」をコンセプトに、子どもの興味・関心を広げるきっかけとなるような、さまざまなコンテンツがそろう同イベント。内覧会でゲストの2組は、10あるコンテンツのなかから4つを実際に体験し、それぞれリポートした。

「自分がアートになってみた」では、ブースで実際に撮影をした写真を、AIがまるで世界の名画のように変換。複数人でも撮影可能で、できあがった作品はすぐさまタイトルが付けられ、その後査定されるという、遊び心のきいたコンテンツとなっている。

実際に撮影をする田崎、トキ、辻の3人

さらに、VRと臨場感あふれるモーションライドに乗って、恐竜時代をリアルに体感できるコンテンツ「恐竜に会いに行ってみた」では、田崎とケツが実演。映像は約3分間にわたり、体験後の田崎は「没入感がすごい! 映像とリンクして足元が動いたりするので、超リアルです。人間の感覚が全部刺激される感じがしました」とアピールした。

またエリア内には、1970年に開催された『大阪万博』にまつわる貴重な資料なども展示されている。開催は3月12日から5月8日まで、「大阪万博公園 EXPO‘70 パビリオン」にて。入場チケットは大人1500円(別途要入園料)ほか、会場窓口にて販売(オンライン販売もあり)。

データ

会場:EXPO‘70 ホワイエ(万博記念公園内)
開催期間:3月12日(土)~5月8日(日) ※3月16日(水)23日(水)5月6日(金)休館、 4月29日(金)30日(土)5月1日(日)は特別展示を予定
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本