セカンドストリート「楽器館」、大阪の激戦区にオープン

2022.3.11 21:30

3月19日、大阪・アメリカ村に「セカンドストリート楽器館」がオープン(写真は下北沢店の様子)

(写真3枚)

楽器に特化した中古品取扱店「セカンドストリート楽器館」(本社:愛知県名古屋市)が、3月19日、大阪・アメリカ村(中央区西心斎橋)にオープンする。

アパレルから家電まで、総合的に中古品の買取&販売をおこなう「セカンドストリート」。全国に700店以上を出店しているが、楽器専門店は東京・下北沢店に続く2店舗目。今回が西日本エリア初出店となる。

同店では、ギターなどの弦楽器を中心にアンプ、エフェクターなどの周辺機器を含めた約1200 点のリユース商品が集結。店内には豊富な知識を持つスタッフが在籍し、使用方法やメンテナンスなどを詳しく聞くことができるという。

今回、ライブハウスも多く楽器屋がひしめくエリアでの出店に、SNSでは「セカストも楽器リサイクルビジネスに本気出してきた」「掘り出し物に出会えるかも」「セカストが楽器屋激戦区に殴り込み(笑)」「三木楽器とも激近・・・」と、早くも注目されている様子。

買取は、店頭では販売しないトランペットなどの管楽器やドラムなどの打楽器、鍵盤楽器なども取り扱うという(買取後、系列店で販売)。場所は三角公園の近く。営業時間は朝11時から夜8時まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本