阪急うめだのクッキー博が開幕、前半はナッツ系が充実

2022.3.2 21:15

「アーモンドマイスター」の「マルコナジャンドゥーヤクッキー」(6枚入り・864円)

(写真7枚)

今回で5回目を迎えるイベント『クッキーの魅力』が、「阪急うめだ本店」(大阪市北区)にて3月2日からスタート。ナッツをテーマにしたクッキーが集結した。

東京発のアーモンドスイーツ専門店「アーモンドマイスター」からは、「マルコナジャンドゥーヤクッキー」(6枚入り・864円)が関西初登場。スペイン産のアーモンドを、生地やジャンドゥーヤ、トッピングに使用した香り豊かなクッキーとなっている。開発時からモニター参加したというバイヤー・中野さんは、「上質なアーモンドの香ばしさとザクザク食感が楽しめ、ナッツが苦手な方にもおすすめです」と紹介する。

「香ばしナッツのクッキーシュー」(411円)

オンライン販売も充実の同イベントだが、とくに賑わいを見せたのは店頭ならではのスイーツ。高級バターを使った厚焼きガレットのうえに、フルーツやクリームを重ねた「ガレッタルト」(651円〜)のほか、有名洋菓子ブランド「ヨックモック」の東京・青山本店限定メニュー「香ばしナッツのクッキーシュー」(411円)など、貴重なラインアップとなっている。

今回のイベントについて中野さんは、「健康志向の高まりを受け、ヘルシーフードであるナッツに注目しました。クッキーにはかかせないバターとの相性は抜群です」とコメント。『クッキーの魅力』は9日から後半に切り替わり、「クッキー×クリーム」をテーマにバターサンドなどが販売される予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本