たまねぎキャッチャーも来阪、淡路島の名産が蔦谷書店に

2022.2.25 19:15
  • 『#きゅん淡路島 2022』のために来阪したたまねぎキャッチャー(2月25日・大阪市北区)
  • 今が旬の淡路島の名産品・新玉ねぎ(100円/個)も高く積み上げられて販売(2月25日・大阪市北区)
  • 島内の道の駅うずしおで販売されるスープやカレーも登場(2月25日・大阪市北区)
  • 「梅田蔦谷書店」の一角で開催中の『#きゅん淡路島 2022』(2月25日・大阪市北区)
  • ノンワックスで丸ごと食べられるレモンはつかみ取りで(500円)。なかには1回で7つ以上掴む人も(2月25日・大阪市北区)
  • 「梅田蔦谷書店」の一角で開催中の『#きゅん淡路島 2022』(2月25日・大阪市北区)
  • 「梅田蔦谷書店」の一角で開催中の『#きゅん淡路島 2022』(2月25日・大阪市北区)
  • 『#きゅん淡路島 2022』のために来阪したたまねぎキャッチャー(2月25日・大阪市北区)
  • 今が旬の淡路島の名産品・新玉ねぎ(100円/個)も高く積み上げられて販売(2月25日・大阪市北区)
  • 島内の道の駅うずしおで販売されるスープやカレーも登場(2月25日・大阪市北区)
  • 「梅田蔦谷書店」の一角で開催中の『#きゅん淡路島 2022』(2月25日・大阪市北区)
  • ノンワックスで丸ごと食べられるレモンはつかみ取りで(500円)。なかには1回で7つ以上掴む人も(2月25日・大阪市北区)
  • 「梅田蔦谷書店」の一角で開催中の『#きゅん淡路島 2022』(2月25日・大阪市北区)
  • 「梅田蔦谷書店」の一角で開催中の『#きゅん淡路島 2022』(2月25日・大阪市北区)
(写真7枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本