「挑戦は…」るいを説得するジョーに、復活望む声【カムカム】

2022.2.14 19:30

ひなた(川栄李奈)と話するい(深津絵里)と錠一郎(オダギリジョー)(C)NHK

(写真2枚)

ラジオ英語講座や時代劇をテーマに、3世代のヒロインたちが生きる姿を描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。2月14日放送の第73回では、ひなたがコンテストに向けて練習に励む様子が描かれた。

慣れ親しんだ映画村で『ミス条映コンテスト』のポスターを見かけ、「これが今、私のやるべきことや」と意気込むヒロイン・ひなた(川栄李奈)。当初は反対していた母・るい(深津絵里)だが、父・錠一郎(オダギリジョー)の言葉もあり、「やるんやったら本気で優勝目指しなさい」と出場を許す。

幼なじみの母・一子(市川実日子)から着物姿での作法や茶道の手ほどきを受けるなど、周囲からの応援を受けるひなた。無事に書類審査に合格し、いよいよ映画村でおこなわれる本選の日を迎えるのだった。

錠一郎がかつて挑んだジャズコンテストを例に出し、「挑戦するのってわくわくすることやで」とるいに話す場面には、「ジョーがトランぺッター時代のことに蓋してるわけではないことにホッとする」「ジョーがコンテストを肯定的に捉えていて泣けるな」「ジョーはトランペット、もう吹かないのかな・・・」など、SNSでは錠一郎の復活を望む声が多数寄せられた。

また、ほかの出場者による堂々としたアピールがおこなわれたシーンで、「しっかりしたお嬢さんたちがいっぱいで、ひなたの登場緊張する(笑)」「さすが、みんな自己アピールがスゴいなぁ」など、次回の展開を案じる視聴者も。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第74回は、コンテストで演じるお芝居に、とある人物が相手役として登場する。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本