Creepy Nuts、選抜高校野球のテーマ曲を書き下ろし

2022.1.28 17:05

Creepy Nuts(左からDJ松永、R-指定)写真提供:MBS

(写真1枚)

3月18日より放送される『第94回 選抜高校野球大会(センバツ)』のMBS公式テーマソングが、ヒップホップユニット・Creepy Nutsの書き下ろし楽曲に決定。2人がコメントを寄せた。

日本最高峰のMCバトルで3連覇を達成したR-指定、2019年にDJ世界大会で優勝を果たし、『東京2020オリンピック』の閉会式でパフォーマンスを披露したDJ松永からなるCreepy Nuts。これまでも漫才日本一決定戦『M-1グランプリ』やひとり芸日本一を決める『R−1グランプリ』など、さまざまな大会のテーマソングを手がけ、お笑い芸人たちの生きざまや思いを伝えてきた。

そして今回、彼らが書き下ろし楽曲でエールを送るのは高校球児。DJ松永は「高校野球という国民的な行事にヒップホップという音楽を抜擢してもらえたことが本当にうれしいです」と喜ぶ。

そして「球児のみなさんは高校生活のすべてを投げうってめちゃくちゃ頑張ってきたんだと思います。それだけで本当にリスペクトです。テーマソングを通して、そんな選手たちと同じ時間を共有できるのは幸せです。我々にしかできないヒップホップで背中を押せるような曲を必ず作りたいと思います!」と意気込みを語った。

また、R−指定は「選手やチーム、直接関わっている人だけでなく、日本中が熱狂するそんな魅力があるのが高校野球のイメージです。これまであまり接点のなかった世界ですが、仲間とともに競い、励まし合い、切磋琢磨していく。それはフリースタイルバトルだったり、僕たちの世界とも似ていて共感できるところなのかなと感じました。携わった人たちが人生を振りかえったときに思い出してもらえるような曲になれば幸せです!」とコメントした。

楽曲は3月上旬に公開予定。MBSでは決勝戦を地上波で生中継するほか、全31試合を特設サイト『センバツLIVE!』で生配信、またCS放送『GAORA』でも全試合を生中継。さらに大会期間中、『みんなの甲子園』『センバツLIVE!』で熱戦の一部をダイジェストで放送され、楽曲はこれらの番組内でも使用される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本