るいとジョー「アベック」と騒がれ…昔を思い出す声【カムカム】

2022.1.12 19:45

錠一郎(オダギリジョー)の姿を探するい(深津絵里)(C)NHK

(写真3枚)

3人のヒロインたちが、昭和から令和にかけて生きていく姿を描いた連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK朝ドラ)。1月12日の第50回では、錠一郎たちが東京でおこなわれるジャズコンテストの存在を知る様子が放送された。

ジャズ喫茶のマスター・小暮(近藤芳正)が、ジャズトランぺッターのコンテストが開催されるというニュースを知らせた第50回。大手音楽事務所が開催し、優勝すればレコードデビューも約束されるコンテストだが、錠一郎(オダギリジョー)は参加するつもりがないという。

「馬鹿にしてるのか」と激高するトミー(早乙女太一)に、何も言えずに暗い表情を浮かべる錠一郎。しかし、子どもたちと野球をするるい(深津絵里)と遭遇し、錠一郎は穏やかな表情に。そんな2人を目にしたベリー(市川実日子)は、深く落ち込むのだった。

昔から一途に錠一郎を追いかけてきたというベリーの恋心は反響を呼び、SNSでは「ベリーちゃん・・・切ない・・・」「ジョーにとってベリーちゃんはファンでしかないんだな」「落ち込んでいるジョーを気遣うベリーちゃんが健気で仕方ない・・・ベリーちゃん幸せになってほしい」といった声が多数寄せられた。

一方、錠一郎とるいの姿を目にした子どもたちが「アベック」とはやし立てたシーンも話題となり、ツイッターでは「アベック」がトレンド入り。「令和の世に『アベック』がトレンド2位になってる(笑)」「アベック・・・時代を感じる」「なんと懐かしい響き」「昔は『アベック』ってよく冷やかされたな・・・」など、昔を思い出す声もあがり、こちらもSNSを賑わせた。

『カムカムエヴリバディ』の放送はNHK総合で朝8時から、BSプレミアム・BS4Kでは朝7時半からスタート。第51回では、トミーの誘いでるい・錠一郎・ベリーの4人でWデートをする。

文/つちだ四郎

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本