心斎橋パルコに医療フロア誕生、女性の幅広い悩みに寄り添う

2021.11.20 07:15

クリニック受診前後に利用できる「Welpa」のラウンジ

(写真12枚)

商業施設「心斎橋パルコ」(大阪市中央区)内に、医療モール「Welpa(ウェルパ)心斎橋」が11月19日にオープン。クリニックと物販、飲食の3つを軸に、女性のヘルスケアをサポートする。

これまでファッションやカルチャー、アートなどを通して、都市生活者の豊かなライフスタイルを提案してきた同施設。今回スタートする医療事業「Welpa」は、20〜40代女性をメインターゲットに、「心や体の悩みに寄り添う気軽に立ち寄れる場所」として展開される。

4つのクリニックと3つのショップ、またラウンジとギャラリーで構成され、フェムテックアイテムのセレクトショップ「フェルマータストア」、オンライン診療で医療用化粧品を処方する「クリニックフォアビューティー」など物販ショップが登場するほか、漢方ブランド『DAYLILY』による新業態のカフェスタンド「DAYLILY KAMPO STAND」も。

台湾発、漢方のライフスタイルブランド『デイリリー』初のヘルシーカフェスタンド「DAYLILY KAMPO STAND」

クリニックは婦人科「神道レディースクリニック」や皮膚科「クリニックフォア」、最新設備を完備した歯科「NINE DENTAL」、カウンセリングが受けられる調剤薬局「ウィーズファーマシー」が並ぶ。毎日朝10時から夜8時の営業で土日もオープンしているため、仕事帰りや休日など都合の良い時間を使って診察を受けることができる。

同事業の担当者・江尻裕子さんは、「女性は自分のことを後回しにしがちですし、クリニックや検診など、行きたくないと思う方も多いと思うので、『行きたい』と思える場所になるよう内装や設備などを工夫しました。お仕事帰りの夜や土日も開いているので、忙しい人ほど気軽に来てくれるとうれしいです」と話す。

そのほか、診療の前後に利用できるラウンジや、全身のバランスをチェックできる3Dボディスキャナーも無料で利用可能。館内各フロアの女子トイレの一部個室には、生理用ナプキンを無料で配布する「OiTr」の設置もスタートしており、専用アプリをダウンロードしてトイレ個室内にある「OiTr」にスマホをかざすと、1人25日ごとに7枚まで無料でナプキンを利用できる。

婦人科「神道レディースクリニック」と皮膚科「クリニックフォア」は12月開業予定。営業時間は朝10時〜夜8時。場所は「心斎橋パルコ」10階。

取材・文・写真/野村真帆

「Welpa(ウェルパ)心斎橋」

2021年11月19日(金)オープン
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋PARCO 10F
※営業時間や休業日は心斎橋PARCOに準じる
※一部クリニックは営業時間や休業日が異なる

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本