にんにく山盛り、高級ガーリックトースト専門店が大阪に登場

2021.10.22 12:15

「プレミアムガーリックトースト」(テイクアウト・1個626円)

(写真5枚)

高級食パン、クロワッサン、メロンパン・・・次々と特化したパンの専門店が増えるなか、大阪・梅田に10月14日登場したのが「神戸にんにくや プレミアムガーリックトースト」(大阪市北区)。販売するのは、ガーリックトースト1種のみだ。

このガーリックトーストは、1995年創業のにんにく料理専門店「神戸にんにくや」で、1番人気だったメニューを進化させたもの。2011年に閉店し、今でも多数のお客から「もう一度食べたい」との声が寄せられ、専門店として復活することになった。

運営会社「エンテック」SNS広報の太田黒真由美さんは、「にんにくは(匂いを気にせず)週末に思い切り味わいという方が多いので、ウィークエンドの贅沢として、自宅ディナーなどのお供になれば」と話す。オープン以来、男女を問わず「神戸にんにくや」を懐かしむ30代以上のお客が多いそう。

テイクアウトの「プレミアムガーリックトースト」(626円)は、かつてと同じように国産にこだわり、主役は濃厚で甘味がある青森県産にんにく。辛味が少ない淡路産玉ねぎと北海道産の発酵バターと炒めることで、旨みを引き出しつつ、まろやかな後味が特徴に。

そして、今回は新たに神戸「一の宮ベーカリー」が手がけるフランスパンを採用。自宅のオーブントースターで温めて食べるスタイル(店で焼いてもらうことも可能)で、表面のガーリックバターはフォークでパンのなかへ押し込み、なじませて食べるのがおすすめという。

場所は「阪急三番街 南館」地下2階のイタリアン「クワトロ ナポリ」内の一角。同レストラン内ではサラダ・スープなどが付くプレート(1298円)や料理とともに「追加ガーリックトースト」(528円)も楽しめる。営業は昼11時~夜8時(10月25日以降は〜夜11時)。

取材・文・写真/塩屋薫

「神戸にんにくや プレミアム ガーリックトースト」

2021年10月14日(木)オープン
場所:大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街 南館 B2F
営業:11:00~20:00(10月25日以降は23:00まで)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本