本場さながらの夜市を体感、大阪・本町に台灣食堂の2号店

2021.10.6 17:45

台灣食堂アートミーツイート(大阪市中央区)

(写真9枚)

屋台とアートが楽しめる台湾料理店「台灣食堂アートミーツイート」(大阪市中央区)が10月5日、大阪・本町にオープンした。

台湾料理店「台灣食堂」(大阪市中央区)の新展開となる同店。本店の「台灣食堂」は、客家料理や原住民料理にこだわったメニューを揃えていたが、今回は「台湾夜市」がコンセプトだという。

メニューは「ルーロウファン」(600円)、肉団子スープ「ゴンワンタン」(400円)、汁なしワンタン「ホンヨウチャオショウ」(700円)といったフードのほか、中華蒸留酒などのアルコール飲料もスタンバイ。

ゴンワンタン(400円)(左)とルーロウファン(600円)

特に、屋台に並んだ食材のなかから好きなものをチョイスし店員に渡すと、特製スープで煮込んでくれる煮込み料理「 滷味(ルーウェイ)」(価格は食材により変動)は、同店のイチオシなのだそう。

屋台に並んだ食材のなかから好きな食材をチョイスする「ルーウェイ」

オーナーの田淵雅圭さんは、「1990年代のエネルギッシュな時代の屋台をイメージしています。地上から(オープンした地下の店舗に)降りた瞬間、アニメ映画『千と千尋の神隠し』に出てくるような台湾夜市の風景が広がり、うっかり疲れが吹っ飛んで楽しくなるような雰囲気にしたいと思い企画しました。旅行に来たような現地感を楽しんで欲しいですし、異国の屋台を感じてもらえれば」と話す。

また、店内にはアート作品が展示されており、気に入った作品があればその場で購入することも可能。営業時間は昼11時半〜昼2時、夕方5時半〜夜9時で土日祝休み。10月15日までは個展開催中のため無休で、土日祝日のギャラリー営業は、昼12時から夕方6時まで(ギャラリー用メニューのみ)。

台灣食堂アートミーツイート

住所:大阪市中央区淡路町3-6-3 御堂筋MTRビルB1F
時間:11:30〜14:00/17:30〜21:00(LO20:00) 土日祝・休

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本