宇治の歴史公園に新施設オープン、お茶を学べるミュージアムも

2021.10.1 06:45
  • 公園内にオープンする文化施設「お茶と宇治のまち交流館 茶づな」
  • 「茶づな」1階の無料エリアでは、周辺観光の情報を見ることができる
  • 「茶づな」2階の展望テラスからは、庭園や茶園を眺められる
  • 「茶づな」内のタッチパネルで、周辺の観光案内をしてくれる、同施設・学芸員の中畑伶威さん(8月の内覧会にて撮影)
  • 2階からの眺め。2階には、会議・講座室やテラスがスタンバイ
  • 「茶づな」内にオープンするレストラン「とにまる 茶づな本店」。和スイーツや「太閤堤カレー」など限定メニューも提供。約54席を感染症対策のため28席で利用
  • 日替わりで20種以上の体験プログラムが用意され、2部屋で開催される
  • 1階のショップでは、お茶関連の雑貨・京都の作家らによる作品など、オリジナル商品も販売
  • 2階の講座・会議室。有料でイベントなど、一般の利用も可能
  • 公園は「史跡」と「交流」の2ゾーンで構成されている
  • 2.5ヘクタールもある「お茶と宇治のまち歴史公園」
  • お茶づくりに適した砂地の茶園を再現した「浜の茶園」。今後は茶摘み体験も実施予定
  • 北&中エリアでは、「太閤堤」の石積み護岸などの再現を鑑賞できる
  • 茶園には、茶作りに使う覆いなど資材を入れる、昔ながらの技法で建てられた「覆小屋」も再現
  • 史跡宇治川太閤堤跡。護岸の石積みは、当時のお城の石垣の石積み技術が使われている
  • 「お茶と宇治のまち歴史公園」内にオープンする交流館「茶づな」(右奥)
  • 公園内にオープンする文化施設「お茶と宇治のまち交流館 茶づな」
  • 「茶づな」1階の無料エリアでは、周辺観光の情報を見ることができる
  • 「茶づな」2階の展望テラスからは、庭園や茶園を眺められる
  • 「茶づな」内のタッチパネルで、周辺の観光案内をしてくれる、同施設・学芸員の中畑伶威さん(8月の内覧会にて撮影)
  • 2階からの眺め。2階には、会議・講座室やテラスがスタンバイ
  • 「茶づな」内にオープンするレストラン「とにまる 茶づな本店」。和スイーツや「太閤堤カレー」など限定メニューも提供。約54席を感染症対策のため28席で利用
  • 日替わりで20種以上の体験プログラムが用意され、2部屋で開催される
  • 1階のショップでは、お茶関連の雑貨・京都の作家らによる作品など、オリジナル商品も販売
  • 2階の講座・会議室。有料でイベントなど、一般の利用も可能
  • 公園は「史跡」と「交流」の2ゾーンで構成されている
  • 2.5ヘクタールもある「お茶と宇治のまち歴史公園」
  • お茶づくりに適した砂地の茶園を再現した「浜の茶園」。今後は茶摘み体験も実施予定
  • 北&中エリアでは、「太閤堤」の石積み護岸などの再現を鑑賞できる
  • 茶園には、茶作りに使う覆いなど資材を入れる、昔ながらの技法で建てられた「覆小屋」も再現
  • 史跡宇治川太閤堤跡。護岸の石積みは、当時のお城の石垣の石積み技術が使われている
  • 「お茶と宇治のまち歴史公園」内にオープンする交流館「茶づな」(右奥)
(写真16枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本