大阪・梅田で無料のバンクシー展、話題作品の販売も

2021.9.29 06:45

どんな変革も、平和的手段で達成されなければならないというメッセージが込められた「Love is in the Air」(50×70cmスクリーンプリント)

(写真5枚)

世界的に注目されるアーティスト・バンクシーの企画展『バンクシー展〜仕掛けられた世界〜』が、9月29日から「阪急うめだ本店」(大阪市北区)でスタートする。

イギリスのブリストル出身という以外は、本名も顔も知られざる謎の存在バンクシー。スプレーを使ったステンシル技法で描く作品は、世間に問題提起を投げかけると同時にユーモアにあふれ、年代問わず人気となっている。

今回の企画展では、少女がハートの風船に向けて手を伸ばしている「ガール・ウィズ・バルーン」、石や火炎瓶の代わりに花束を手にしたパレスチナの若者を描いた「ラブ・イズ・イン・ジ・エア」などの代表作を含む約25点が無料で展示される。

同展は非公式となるが、バンクシー自身が設立した認証機関「ペストコントロール」発行のCOA証明書付き作品のみが販売される。同百貨店の9階「阪急うめだギャラリー」にて、10月4日まで。

『バンクシー展〜仕掛けられた世界〜』

期間:2021年9月29日(水)〜10月4日(月)
会場:阪急うめだ本店9F 阪急うめだギャラリー(大阪市北区角田町8−7)
料金:無料
電話:06−6361−1381

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本