生駒里奈のW主演舞台、ライブ配信に「びびりちらしました」

2021.8.28 07:45

前日のゲネプロで思いを語った生駒里奈(左)と池田純矢(8月27日・大阪市中央区)

(写真1枚)

女優・生駒里奈と大阪出身の俳優・池田純矢がW主演する舞台『―4D―imetor(フォーディメーター)』。大阪公演前日(8月27日)に通し稽古がおこなわれ、生駒と池田が意気込みを話した。

同作は、池田自身が作・演出を手掛ける『エン*ゲキ』シリーズの5作目。「量子科学」をテーマに、イリュージョンマジックを取り入れた壮大なスケールで繰り広げられる謎解きミステリーだ。

すでに東京で16公演を終えての大阪公演。池田は、「大阪まで持ってこられたのは奇跡的な事」と表情を引き締め、生駒は「この状況下で、エンタメについて、演じる身としてはすごく悩んでたんですけど、見に来てくださったお客さまが大きい拍手であたたかく包んでくださって。そういうことで人間って頑張れるなと思ったので、輪を最後まで繋げていきたい」と話した。

今回、29日の昼・夜2公演ではライブ配信を実施。池田は、「舞台演劇は血の通った空気がまとっているので、空間をとても大事にしているんです。とはいえ、劇場に足を運び辛いという方もいらっしゃいますし、ライブ配信っていうのは良い方法だなと思います」と紹介。

生駒は、「配信チームのカット割りが、めちゃめちゃうまいんですよ。びびりちらしました(笑)。すみません、(演じる)ノアの影響で言葉が・・・(笑)。本当に劇場にいるような感覚になる不思議なパワーがあるので、ぜひその場にいる気持ちを配信でも味わっていただけたら」と笑顔を見せた。

配信チケットは3200円で、9月5日・夜8時まで販売。上演時間は約1時間45分で、アーカイブ配信は9月5日・夜11時59分まで。会場は「TTホール」(大阪市中央区)で観劇チケットは7800円、28日・夕方6時、29日・昼12時公演の2公演のみ。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本