『翔んで埼玉』続編決定にGACKT困惑「不安です…」

2021.8.12 18:45

映画『翔んで埼玉』W主演の二階堂ふみ(左)とGACKT(2019年撮影・前作イベント時)

(写真3枚)

歌手・GACKT、女優・二階堂ふみのW主演で、興行収入37.6億円を記録する大ヒットとなった「埼玉ディスり」映画『翔んで埼玉』。その続編の公開が決定、GACKT、二階堂ともに続投するという。

同作は、『パタリロ!』などで知られる漫画家・魔夜峰央(まや・みねお)が執筆当時に住んでいた埼玉を自虐的に描いたギャグ漫画を原作に、東京都民から迫害を受ける埼玉県民が反旗を翻すというストーリー。前作は、「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!」などパワーワード炸裂のセリフや、埼玉県を徹底的に「ディスる」内容がSNSを中心に大きな反響を呼んでいた。

実年齢48歳ながら高校生役を再演するGACKTは、「再びこのいい意味でくだらない最高のエンタテインメントに関われると思うと・・・、今から不安しかありません」「壮大な茶番の更なるパワーアップ、ぜひ楽しみにしていてください。不安です・・・」と困惑ぶりをコメント。

再び男子高校生役をつとめる二階堂は、「真面目に不真面目な大人たちが集まる現場にまた呼んでいただけて、とても光栄です。パート1(まさかこの呼び方をする日が来るとは思わなかった)を遥かに超える大作を、最前線で感じられたらと思います」と熱をこめた。同作は2022年に公開される予定。

映画『翔んで埼玉Ⅱ(仮題)』

2022年公開予定
監督:武内英樹
出演:GACKT、二階堂ふみ ほか
配給:東映

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本