動物×マウントレーニア、天王寺動物園など関西3施設が参加

2021.7.14 08:45

左から「天王寺動物園」今西隆和副園長、「神戸どうぶつ王国」永田雅寛支配人、「アドベンチャーワールド」古谷勝ゼネラルマネージャー、「森永乳業」カスタマー営業統括部長・石川正氏(13日・大阪市内)

(写真11枚)

動物の赤ちゃんがデザインされたチルドカップコーヒー「マウントレーニア」(販売:森永乳業)のパッケージ第2弾の発売を記念した『動物たちとの契約式』が13日、「天王寺動物園」(大阪市天王寺区)で開催され、新たに参加する関西3施設の担当者が登壇した。

コロナ禍で集客に苦しむ動物園のため、売上の一部が飼料代として動物園に寄付される同商品。パッケージには飼育員が撮影した動物の赤ちゃんがプリントされ、「癒やされた」「応援したい」と話題に。今年4月の第1弾では出荷本数が2000万本(昨年比114%)を突破するなど大反響で、それを受け企画された第2弾は、動物園に水族館が加わり、春の倍以上となる全国11施設とコラボすることとなった。

関西からは「天王寺動物園」(大阪市天王寺区)のホッキョクグマの赤ちゃん・ホウちゃん、「神戸どうぶつ王国」(神戸市中央区)のスナネコの赤ちゃん・マフ、「アドベンチャーワールド」(和歌山県白浜町)のパンダの赤ちゃん・楓浜、エンペラーペンギンの赤ちゃんが仲間入り。どれも普段から愛情を注ぎ育てている飼育員だからこそ撮れた、愛らしい表情となっている。

ごほうびとして大好物のりんごをプレゼントされ、喜ぶホウちゃん(写真提供:天王寺動物園)

「天王寺動物園」の今西隆和副園長は、「コロナの影響で休園を余儀なくされ、昨年度の入園者数はコロナ前と比べて約54%減りました。ただ休園中も動物たちは元気で、動画配信を頑張って300本ほど上げたところ好評でしたので、今後も続けていきたい」と話し、今回のパッケージも「癒やしを届けられるのでは」と期待を込めた。

パッケージは全16種で、価格は162円。全国のコンビニ、スーパーなどで7月12日から販売中。また特設サイトでは、「深く癒やされすぎて労働意欲0になる映像集」「かわいい動画が一本になっている『ずーーーーっと見ていられるボタン」などが公開されている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本