大阪の小劇場インディペンデント2ndが復活「新しい挑戦を」

2021.7.16 07:15

生まれ変わった舞台スペース

(写真7枚)

大阪・日本橋に2つの小劇場を構える「インディペンデントシアター」(大阪市浪速区)。2020年8月をもって一時閉館していた「2nd」の新館が完成し、7月15日から演劇公演が再開される。

2004年に「でんでんタウン」の商店街沿いにオープンした「2nd」。約130席の劇場は、成長株の地元劇団のみならず、北は北海道、南は沖縄まで、全国各地の注目劇団が大阪公演の会場に選んできた、関西でも重要な劇場の1つだ。

もともと旧劇場の建物賃貸契約が2020年までだったため、数年前から日本橋界隈で移転先を物色していた劇場プロデューサーの相内唯史さん。そのなかで、旧劇場から歩いてすぐの土地を紹介され「せっかくなら、自分が『こうだったらいいのに』と感じたことを反映しよう」と、イチから劇場を建築することにしたという。

相内さんの思いが活かされ、新劇場のホールフロアは旧劇場より広くなったが、客席はゆったり取って席数はあえて以前と同レベル。舞台の広さは同等の一方、高さは以前の倍に。また、近年のオンライン演劇の増加傾向を見すえ、最新鋭の配信用機材も、抜かりなく設置している。

ほかにも、同じ建物の1Fには夏以降にカフェがオープン予定。芝居がないときも、スタッフの打ち合わせなどで立ち寄りやすい劇場となりそうだ。

相内さんは、「照明用のキャットウォークの天井を高くするなど、スタッフにも使いやすい小劇場にできたと思います。こんな状況下ですが、『アグレッシブな劇場』のキャッチ通り、ここからいろんなことに挑戦していきたいです」と抱負を語った。

新劇場のオープニング企画は、劇場が長年主催している一人芝居のフェスティバル『INDIPENDENT』で、7月15日~19日に開催。8月からは「こけら落としシリーズ」と銘打ち、『第64回岸田國士戯曲賞』を受賞した谷賢一が率いる「DULL-COLORED-POP(ダルカラードポップ)」ら7劇団の作品を立て続けに上演する予定だ。

取材・文/吉永美和子

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本