アニメ化してほしい漫画ランキング、1位は無料作品

2021.7.1 20:15

『次にアニメ化してほしい漫画ランキング』

(写真1枚)

インターネット上で全国の10代〜60代の男女300人を対象に調査した『次にアニメ化してほしい漫画ランキング』(viviane調べ)が、7月1日に発表された。

『進撃の巨人』(出版:講談社)の世界累計発行部数1億部突破や、『呪術廻戦』(出版:集英社)のシリーズ累計発行部数5000万部突破など、コミックヒットの大きなきっかけとなるアニメ化。先日はアニメ『チェンソーマン』(出版:集英社)の新情報発表がツイッターでトレンド入りを果たすなど、映像化は作品ファンにとっても重大な要素となっている。

しかし、アニメ化が叶うのは脚光を浴びた一部の作品のみ。そんななか、人気作品ながらも未だ映像化されていない作品を対象に『次にアニメ化してほしい漫画ランキング』が調査され、1位には、集英社が運営する無料漫画アプリ『ジャンプ+』で連載中の『SPY×FAMILY』が選出された。

赤の他人である3人が仮初めの家族を演じる同作。アニメ化を望む理由には、「シリアスと笑いのパートのバランスがちょうど良く、登場人物も非常に魅力的」「ドタバタホームコメディーで面白い」という意見が寄せられた。

そのほか、2位の『薬屋のひとりごと』(掲載:小説家になろう)、3位の『おじさまと猫』(掲載:ガンガンpixiv)、4位の『怪獣8号』(掲載:ジャンプ+)など、無料サービスでの掲載作品が多くランクイン。コロナ禍でデジタル漫画読者の人口が増え、無料公式サイトの活性化が影響していると思われる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本