生駒里奈×池田純矢W主演、イリュージョン融合の体感型舞台

2021.6.28 07:15

左からプロマジシャン・新子景視、俳優・池田純矢(25日、大阪市内)

(写真3枚)

俳優・池田純矢とプロマジシャン・新子景視が出演する舞台「―4D―imetor(フォーディメーター)」の取材会が25日、大阪市内でおこなわれた。

同作は、池田自身が作・演出を手掛ける「エン*ゲキシリーズ」の5作目。元乃木坂46で女優の生駒里奈と、『海賊戦隊ゴーカイジャー』など数々の映像作品や舞台に出演する池田がW主演を務める。

物語は「量子科学」をテーマに、池田演じる「超能力研究所の所長」が、生駒演じる「記憶を失った超能力者」と出会い、さまざまな不可思議な現象に挑んでいくという内容。超能力をイリュージョンマジックで表現する体感型の演劇となっており、その監修を新子が担当、自身も超能力者役として舞台に参加する。

本公演は2020年に予定されていたが緊急事態宣言の影響で延期されたもの。池田は、「当初の台本はイリュージョンをする際は、実際に客席でお客さんと触れ合うものでした。今回は直接触れ合えない分、舞台と客席で1枚フィルターがかかっている感覚をなんとか打破できるようにと、新子さんと演出を再考しました。この情勢下だからこそパワーアップできた部分かなと思います」と明かした。

新子は、「マジックをただ魅せるのではなく、うまく物語に溶け込ませた形でという点が難しい部分ではありましたけど、やりがいがありました。見ている人も一緒に舞台のなかにいると感じられるよう、ナチュラルに演じたいですね。そして最後に『1人だけほんまに超能力者おったな』と思わせたい」とコメントし、取材陣を笑わせた。

最後に池田は、「まさに目の前で超能力がおこなわれている、と感じていただけると自信をもっています。普通に考えたらありえないことを、ごまかしがきかない舞台でやでやるので、純粋に楽しんでいただきたいですね」とアピールした。

大阪公演は「COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール」(大阪市中央区)にて、8月28日・29日に上演。チケット一般販売は、7月3日・朝10時から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本