『ドラゴン桜』名物コンビの新展開にSNS「待ってた!」

2021.6.15 07:15

日曜劇場『ドラゴン桜』

(写真2枚)

高校生たちの東京大学合格へのサクセスストーリーを描くドラマ『ドラゴン桜』(TBS系)。その第8話が6月13日に放送され、名物コンビの新たな展開に注目が集まっている。

阿部寛演じる元暴走族の弁護士・桜木をはじめ、平手友梨奈、高橋海人(King & Prince)らが演じる「東大専科」の7人の生徒など、個性豊かな登場人物が揃う同ドラマ。そのなかでも密かに人気を集め、名物とも呼ばれるのが、若手俳優・西垣匠と西山潤による「岩井&小橋コンビ」だろう。

かつて問題児だった岩井と小橋は、1・2話では桜木を陥れるべく卑劣な作戦で攻撃(ほかの生徒のためだったことがのちに判明)する悪役として登場したものの、桜木に諭され改心。それ以降は賑やかし的な役割で毎話現れ、SNSでは「かわいい」「癒やされる」など人気を高めてきた。

応援するものの専科に属していなかった彼らだが、8話では桜木から専科に誘われ、練習生として入ることが決定。桜木の誘いに「はい!」と目を輝かせ、うれしそうに机と椅子を取りに走る姿が映し出された。

2人の専科入りにSNSでは、「泣きながら拍手した」「いいやつだし素直でかわいい! 専科入りおめでとう!」「この時を・・・ この時をずっと待ってた!! 頑張れ岩井と小橋!」と喜ぶ声、激励する声が多くあがっていた。第9話は6月20日・夜9時より放送される。※高橋の高は「はしごだか」

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本