京都でイラストレーター・長場雄展、きっかけはホテルのメモ

2021.6.11 07:15

長場は作品作りのために実際に京都のエースホテルに滞在して、出会ったヒトやモノから着想を得たそう

(写真5枚)

「エースホテル京都」(京都市中京区)で開業1周年を記念し、イラストレーター・長場雄(ながばゆう)のオリジナル作品が6月7日より展示されている。

1本線で描かれる長場のイラストは、ムダを削ぎ落としたタッチでありながらも、人物像の温かみやユーモアをしっかり捉えた表現が特徴。近年は、ユニクロやビームスなどの大手アパレルとのコラボ商品を手がけたり、2019年に京都にオープンしたドーナツ店「Koe donuts kyoto」でデザインを担当するなど、さまざまなアートシーンで大活躍している。

以前より「エースホテルのメモパッド」をキャンバス代わりにして作品を制作しているという長場。そのきっかけというのは2013年にNYの同ホテルに滞在した際、アメニティとして置いてあったメモパッドを持ち帰り、それに思いつくイラストを書き留めたことがはじまりだったそう。

今回の展示では、そのメモパッドに描いた「長場が京都に滞在して出会ったヒトやモノ」をモチーフにした作品が展示されている。

長場は「エースホテルが京都にできるという噂を聞いたときから何かできたらと思っていました。メモ帳に描いた作品は全部で49点。その中から気に入っている6点をキャンバスにペインティングしました。作品を通じて、ぼくの感じた京都とここに滞在した時間を追体験していただけたらと思います」と話している。期間は6月30日まで、同ホテル内1階ギャラリースペースにて。

エースホテル京都で「長場雄展」開催

住所:京都府京都市中京区車屋町245−2(ギャラリースペース1階)
電話:075-229-9000

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本