人気プロデューサーが仕掛ける、大阪に高級かき氷専門店

2021.6.25 17:15

黄色が鮮やかな「パイナップル」(2500円)は、6月末から7月頃から提供開始予定。下からパイナップルのジュレ、ピューレ氷、生クリームの層になっている

(写真11枚)

次々とヒット商品を生み出すスイーツプロデューサー・TSUBASAさんが手がけるかき氷専門店「かきごおらん」(大阪市北区)が5月29日に中崎町でオープン。今後、全国的にも人気となりそうな店舗だ。

月に一度のみオープンし予約殺到する「TSUKIICHI」、おむすびのようなパッケージがユニークな「OSAKA OMUSUBI Cake」、コスメのようなビジュアルの「_sign.」など、SNS映えするスイーツを次々と生み出すTSUBASAさんによる同店。すでに7月には名古屋、8月には、東京の「GINZA SIX(ギンザ シックス)」への出店が決まっている。

今回のお店のテーマは、高級フルーツのピューレを削って、カクテルのような美しい大人のかき氷。細かく削った氷は、フワフワの軽い食感で、カクテルグラスなどに生クリームとともに美しく盛り付けられ、カラーのアクリルケースに収めてテーブルに提供される。

同店のお客は、7〜8割がカフェ巡りで写真を撮りに訪れる20代、30代が中心で、「インスタを見て来店する方がほとんどですが、実際来店されると、『写真で見るより実物の方がキレイ!食べた事ないようなかき氷で、すごくおいしい!』とおっしゃっていただけます」と担当者。SNSでも、「リッチだった」「ビジュアルも斬新、おいしさが詰まっていた」といったコメントともに、写真の角度、動画を工夫して投稿しているものが多い。

旬を迎えた高級フルーツを使用するため、時期によってメニューは入れ替わり、6月末〜7月に登場する「パイナップル」(2500円)では、「デルモンテ」オリジナルの品種「ハニーグロウ」を使用。甘い香りと黄色みの濃い果肉が特徴で、従来のパイナップルよりも甘く、酸味が穏やかで食べやすいのが特徴だ。ほか、定番メニューとしては「クラウンメロン」(3000円)、「ラズベリーとピスタチオ」(2500円)などがラインアップ。

学生証提示での学割もあり。営業は、平日が昼1時から9時まで。土日祝は11時から夜9時まで。月曜休み。場所は、阪急大阪梅田駅から徒歩約5分。

取材・文・写真/二木繁美

「かきごおらん」

住所:大阪市北区中崎西2-4-35 2F
営業:平日 13:00〜21:00、土日祝 11:00〜21:00 月曜休
問い合わせ:Instagramのダイレクトメール(DM)より

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本