レバノンのファストフードも、京都でフレンチ・シェフの新展開

2021.6.7 12:15
  • ランチに登場するチキンシャワルマ
  • モーニングに登場する薪の残火で燻したスモークチキン。野菜の炭 を練り込んだフラットブレッドと、小さなスープ付き
  • モーニングに登場するファラフェル。野菜の炭 を練り込んだフラットブレッドと、小さなスープ付き
  • サンドやプレートに使われるフラットブレッド(ピタパン)には、自社農園の野菜の皮やへたを炭化させ、その炭を生地に練り込んでいるため、墨色に
  • フムスやクスクスのタブレなどの前菜が300円から楽しめる。写真はイメージ
  • フランス料理人歴25年、長野浩丈シェフ
  • 厨房には薪を燃やして燻す燻製器も
  • 左はイチゴ、ハッサクのシュラブを使ったビネガードリンク・シュラブ、右はパイナップル、新ショウガ、カルダモンのコーディアル各600円
  • オープンキッチンのライブ感溢れるカウンター席
  • 店前には高瀬川が流れ、大きなガラス窓からは緑を望む気持ちの良いロケーション
  • 店は高瀬川沿いに建つ
  • ランチに登場するチキンシャワルマ
  • モーニングに登場する薪の残火で燻したスモークチキン。野菜の炭 を練り込んだフラットブレッドと、小さなスープ付き
  • モーニングに登場するファラフェル。野菜の炭 を練り込んだフラットブレッドと、小さなスープ付き
  • サンドやプレートに使われるフラットブレッド(ピタパン)には、自社農園の野菜の皮やへたを炭化させ、その炭を生地に練り込んでいるため、墨色に
  • フムスやクスクスのタブレなどの前菜が300円から楽しめる。写真はイメージ
  • フランス料理人歴25年、長野浩丈シェフ
  • 厨房には薪を燃やして燻す燻製器も
  • 左はイチゴ、ハッサクのシュラブを使ったビネガードリンク・シュラブ、右はパイナップル、新ショウガ、カルダモンのコーディアル各600円
  • オープンキッチンのライブ感溢れるカウンター席
  • 店前には高瀬川が流れ、大きなガラス窓からは緑を望む気持ちの良いロケーション
  • 店は高瀬川沿いに建つ
(写真11枚)

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本