鬼殺隊の一員に、自宅で楽しむ『鬼滅』リアル脱出ゲーム

2021.5.29 09:15

『リアル脱出ゲーム×鬼滅の刃 鬼棲まう那田蜘蛛山からの脱出』(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable (C)SCRAP

(写真3枚)

おうち時間が増えるなか、オンラインで楽しめる「リアル脱出ゲーム」が、大ヒットアニメ『鬼滅の刃』とコラボ。5月27日から期間限定で『鬼棲まう那田蜘蛛山からの脱出』ゲームキットが販売されている。

劇場版作品が国内史上初の興行収入400億円を突破し、同年の全世界興行収入でも1位に輝くなど、社会現象化している『鬼滅の刃』。今回は「リアル脱出ゲーム」を企画運営する「SCRAP」(本社:東京都渋谷区)とコラボし、オリジナルストーリーのゲームになって登場する。

ゲームの舞台は、アニメ第1期で主人公・竈門炭治郎と強敵である下弦の伍・累が対峙した「那田蜘蛛山」。プレイヤーは鬼に立ち向かう組織「鬼殺隊」の一員となり、キットのなかに入っている謎だらけの文献を読み解きながら、炭治郎らを助け、鬼を倒すことを目指していく。

ゲームには本編で活躍した「鬼殺隊」キャラが多数登場し、花江夏樹(竈門炭治郎)、下野紘(我妻善逸)ら人気声優陣による録りおろしボイスも収録。SNSでは、「わーい、私も鬼殺隊ですね」「頑張ろう・・・ない脳みそを駆使して」など、商品到着を待ちわびる声が多数寄せられている。

参加方法は、「SCRAP」公式サイトでゲームキット(3400円・送料別)を購入し、スマホ・PCなどから、専用サイトにアクセス。人数制限はなく、ひとりでも複数人でもプレイが可能だという。自宅などで気軽に『鬼滅』の世界に浸れそうだ。

販売期間は8月28日まで、プレイ可能期間は6月10日から11月28日まで。特典付きキットや限定グッズも販売中。6月中旬からは「リアル脱出ゲーム」店舗でも販売予定。

文/塩屋薫

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本