コロナ禍の生活様式に対応、百貨店に折りたたみ自転車専門店

2021.4.8 13:45

店内の様子。DAHONとTern合わせて、現在のラインアップは10種ほど

(写真8枚)

コロナ禍における生活様式の変化に伴い、外遊びに注目が集まる今。そんななか、百貨店「大丸梅田店」内の紳士服やゴルフ用品がそろう8階売場に、折りたたみ自転車専門店「ベストスポーツ」がオープンした。

コロナ禍の「外遊び需要」の高まりに対して、フロア担当の武田陽太郎さんは、「最近では、キャンプなどのアウトドア系アイテムにも力を入れています。そういった多様性に対応できるような売り場を作るなかで、遊びの幅が広がる『折りたたみ自転車』という切り口から出店に至りました」と話す。

同店で取り扱うのは、欧米ブランド「DAHON(ダホン)」と「Tern(ターン)」の2ブランド。「DAHON」は「世界最大級の折りたたみ自転車ブランド」ともいわれ、デザイン性の高さはもちろん、小回りの効くタイヤや、チェーンリングなどメカニック部分の構造にこだわり、乗り心地も抜群だという。「Tern」では、オートバイク同様のブレーキを使用するなど、スポーツバイクをベースに、走行性に優れた自転車をラインアップ。

最小のものは重さ7.8kgで慣れれば15秒ほどで折りたたむことができ、高さは59cm、幅65cmいうコンパクトさも魅力。車に乗せたり電車に持ち込んだりと、持ち運びに適している。

売り場近くには試乗スペースもあり、実際にその乗り心地を体感することもできるほか、オプショナルパーツで自分好みにカスタムすることも可能。価格は5万円前後から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本