ドラマ『ボス恋』が有終の美、SNSでは「何を楽しみに」

2021.3.18 07:15

TBS系火曜ドラマ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』

(写真1枚)

女優・上白石萌音主演のドラマ『オー! マイ・ボス! 恋は別冊で』(TBS系)の最終回が3月16日に放送され、関西の世帯平均視聴率で過去最高の11.7%を獲得(ビデオリサーチ調べ)。その一方、SNSではロスの声が続出している。

同ドラマはファッション雑誌編集部が舞台。仕事も恋愛も「人並みでいい」と安定志向を持つ鈴木奈未(上白石萌音)が、御曹司のカメラマン・宝来潤之介(玉森裕太)との恋愛や仕事に奮闘するラブコメディだ。

特に、奈未に想いを寄せる玉森演じる子犬系男子、間宮祥太朗演じるドSな先輩、2人からの胸キュンアプローチが視聴者の心をわしづかみ。おでこキスや「俺ならお前のこと泣かせない」というキラーワードなど、度重なる「キュン」で視聴者も心をかき乱されたようだ。ツイッターでは「どちら派」の意見も飛び交い、毎度トレンド入りするほど話題を呼んだ。

最終回の放送後も「ボス恋」など複数のワードがトレンド入りし、「これから何を楽しみに生きていけばいいの」「キュン飽和状態だった。ロスになるよアレは」と、現実を受け入れられない悲嘆の声が続出。また、その後を示唆するようなテロップが表示されたことから、「続編かSP期待していいのかなぁ」と期待する人も多いようだった。

同枠では、川口春奈・横浜流星による新火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』が4月20日・夜10時からスタートする。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本