大阪の高級チョコブランドの自動販売機、男性からも好評

2021.3.28 08:45

自販機の名前は「PALESTA(パレスタ)」。チョコレート専門店「ショコラティエ パレ ド オール」とスタンド(売り場)からネーミング。自販機は現在は現金のみで対応

(写真7枚)

高級チョコレート専門店「ショコラティエ パレ ド オール」(大阪市北区)によるチョコレート自動販売機が、3月10日に関西に登場。そのユニークなアイデアが注目されている。

三枝俊介シェフによる2004年創業の同ブランド。いち早くカカオ豆から自家生産のチョコレート製造を手がけ、世界的にも珍しいホワイトチョコレート専門のブランドを東京でオープンするなど、チョコ通にはおなじみの存在だ。

今回、「PALESTA(パレスタ)」と名付けられた自動販売機は、チョコレートにとって最適な温度管理を重視して開発。大阪で店舗を構える商業施設「ハービスPLAZA ENT」地下1階に設置された。

「コロナウイルスの影響で、店舗で直接チョコレートを買うことを控えているお客さまやオンラインショップでの購入だと送料がかかることを懸念される方、購入する時間が店舗の営業時間と合わない方に向け、たどり着いたアイデアなんです」と話すのは三枝シェフ。

ボンボンショコラやタブレットショコラ、手提げ袋(30円)が並び、料金は750円から。「実店舗は女性のお客が多いから、お店より行きやすい」「外回りの仕事中にサッと立ち寄れて便利」と男性からも好評だという。

購入できるのは、ビルの開放時間である朝7時から深夜0時半まで。季節によって商品アイテムが変わる予定。

取材・文/いなだみほ

「PALESTA(パレスタ)」

2021年3月10日(水)スタート
利用時間:7:00~深夜0:30
設置場所:ハービスPLAZA ENT B1

「ショコラティエ パレ ド オール大阪店」
住所:大阪市北区梅田2-2-22 ハービスPLAZA ENT4F
営業:11:00~20:00(LO19:30)  不定休(施設に準ずる)
電話:06-6341-8081

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本