「戒律」を伝える鑑真展、京都で45年ぶりの国宝公開も

2021.3.21 07:15

京都では45年ぶり、寺外では12年ぶりの公開となる国宝『鑑真和上坐像』

(写真5枚)

奈良時代の高僧・鑑真が創建した「唐招提寺」(奈良県奈良市)の寺宝や宗派を超えた名宝で日本戒律の歴史をたどる、『凝然国師没後七百年 特別展「鑑真和上と戒律のあゆみ」』が3月27日から「京都国立博物館」(京都府京都市)で開催される。

仏教美術の展覧会は何度も開催されてきた同館。今回は、「日本にもたらされた戒律がどのように広がりをみせたのか、大きなあゆみを体感する視点の非常に珍しい展覧会」と、佐々木丞平館長は説明する。

 鑑真が唐からもたらした「戒律」によって日本仏教は大きく発展。「戒」は仏教徒が守るべき道徳規範、「律」は僧侶が守るべき規則のことで、そんな鑑真から受け継がれた日本戒律の祖師たちの功績を5つの章に分けて紹介される。

今回の見どころは、京都では45年ぶり、寺外では12年ぶりの公開となる国宝「鑑真和上坐像」(奈良・唐招提寺蔵)。日本最古の肖像彫刻であり、生きているかのような写実性に優れた天平彫刻の傑作のひとつだ。

また、鎌倉戒律復興運動の屋台骨を学問的に支え、戒律を語る上で欠くことのできない凝然(ぎょうねん)国師の700年遠忌も記念。籔内佐斗司氏により制作された「凝然国師坐像」が初公開される。

同展担当の大原嘉豊研究員は、「例えると、戒律は会社の設立理念。戒は社訓、律が社則や就業規則のようなもの。戒律は教えそのものではなく、お坊さまのアイデンティティです。各時代で社会運動を巻き込んで発達していき、今の日本人の倫理観につながっていくので、こういう時代だからこそ、振りかえる機会になれば」と話す。

会期は5月16日まで。一般1800円、大学生1200円、高校生700円。

取材・文/いずみゆか

凝然国師没後七百年 特別展『鑑真和上と戒律のあゆみ』

期間:2021年3月27日(土)〜5月16日(日)
前期展示:2021年3月27日(土)~4月18日(日)
後期展示:2021年4月20日(火)~5月16日(日)
※月曜日休館 ただし5/3は開館で5/6休
時間:9:00~17:30(入館は17:00まで)
会場:京都国立博物館 平成知新館(京都市東山区茶屋町52)
料金:一般1800円、大学生1200円、高校生700円

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本