『天国と地獄』右肩上がりの視聴率、SNSでは考察班が続出

2021.3.8 21:15

日曜劇場『天国と地獄 〜サイコな2人〜』

(写真1枚)

綾瀬はるかと高橋一生が主演を務める日曜ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』(MBS)の第8話が3月7日に放送され、関西で世帯平均視聴率13.9%を獲得(ビデオリサーチ調べ)。SNSでは放送内容から考えを深める「考察班」が続出している。

同作は、綾瀬演じる、努力家で正義感が強いが慌てん坊な刑事・望月彩子が、高橋演じるサイコパスな殺人鬼・日高陽斗と魂が入れ替わってしまうというストーリー。前回の第7話では、綾瀬と彼氏を演じる柄本佑の濃厚なキスシーンが放送され、SNSで「キスシーンで脳内いっぱいいっぱいだ・・・」と話題を呼んだ。

今回放送された第8話では、新たな猟奇殺人が発生。事件に日高の生き別れの兄が関わっているのではと考える日高〈中身は彩子〉と同じく、警察の河原(北村一輝)も、日高と彩子らに対し推理の的を絞り始めていた。さらに、終盤では視聴者を惑わすシーンも登場し、物語は最終章へと突入していく。

SNSでは、「リンクしてる具合がすごくてゾッとした」「カメラワークが前と一致してる」「手の位置が・・・」と考察する人が続出。ほかにも、「1週間何も手につかないじゃないですか!」と次回を心待ちにする声もあがっている。第9話は3月14日・夜9時から15分拡大スペシャルで放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本