尾崎世界観が情熱大陸に、芥川賞発表の瞬間に迫る

2021.3.6 20:15

ミュージシャンで作家の尾崎世界観(写真提供:MBS)

(写真2枚)

4人組ロックバンド・クリープハイプのフロントマン・尾崎世界観。著書が第164回芥川賞候補作に選出された尾崎の大賞発表の瞬間に、『情熱大陸』(MBS)が迫る。

日常や恋愛が男女それぞれの視点で描かれる、クリープハイプの楽曲。尾崎が作り出す歌詞には押韻や比喩も多く用いられ、文学的と高く評価されることも多い。

近年は作家としても頭角を現し、母と暮らす生活を少女目線で書いたという小説『母影』は、第164回芥川賞の候補作に選ばれた。番組では、昔から「人間の内側に入っていくような小説が好き」と話す尾崎が、小説を書くようになった理由を明かす。

また、芥川賞の候補となり多忙を極める日々から、思い出のライブハウスでメンバーとともに迎えた発表の瞬間、新たな曲作りの現場を取材。この模様は3月7日・夜11時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本