よく企画が通ったな…「のたうつカナブン」誕生秘話を訊いた

2021.2.21 19:45

「のたうつカナブン」(全5種・300円)

(写真3枚)

「なんでこれ作ったんだろう・・・?」と首をかしげながらも、ついつい買っちゃう用途不明のカプセルトイ(ガチャガチャ)。今年1月に「タカラトミーアーツ」(本社:東京都葛飾区)から登場した『のたうつカナブン』はその代表と言ってもいいくらい謎の商品で、SNSでも「これ企画した人と通した人を見てみたい」など話題となった。

「新機構『のたうちギミック』を搭載した、カナブンのフィギュアです。サイズは実際のカナブンの約2.5倍で、のたうつ姿はまさに圧巻!」と清々しい説明が書かれた同商品の誕生秘話を、企画担当者に訊きました。

きっかけは夏場に「うわぁ・・・」と思ったこと

──道端でたまに出くわすカナブンののたうつ姿って本当にビクビクするので苦手なのですが・・・これをフィギュアにしようと思ったきっかけは何だったのですか?

夏場にコンビニの前に大量のカナブンがのたうっていたのを見て「うわぁ・・・」、店内にも数匹入り込んでいたのを見て再び「うわぁ・・・」と思ったのがきっかけです。

──めっちゃシンプルな動機ですが、企画担当さんにとって商品化するほど印象深い出来事だったんですね。プレゼンしたときの周りの反応が気になります。

思ったよりも普通に受け入れてくれました。普段はこの手の企画はゴリゴリにゴリ押さないと通らないんですが、意外なほどアッサリでした。

──サイドのゼンマイを回すと、意外と控えめにのたうつので笑いました。作るにあたって苦労した点はありましたか?

内部の「のたうちギミック」が結構スペースを取りますので、いかに不自然にならず且つカプセルに入りきるフォルムに落とし込むかが苦労しました。こだわった点は、頭や手足、翅(特に内翅!)を動かせるようにしたところです。

『のたうつカナブン』…コツがいる?(これはおそらく下手です)

──SNSでは「思わず買ってしまった」「タカラトミーアーツ、頭おかしい」などの声が寄せられていますが・・・。

「頭おかしい」は私にとっては誉め言葉です。ありがとうございます!

──企画した者として、この「のたうつカナブン」をどう楽しんでほしいですか?

特にこうしてほしい、というのはなく、みなさまのイマジネーションに委ねたい部分があります。ただ、強いて言わせていただきますと、のたうたせる際は仰向けにした方がより効果的です。

ド肝を抜くインパクトを大事に

──日々いろんなカプセルトイが発売されていますが、どれくらいの頻度で企画・プレゼンなどされているのでしょうか。

毎月1回企画会議があるんです。その企画もまったく採用されないこともあれば、全案採用の月もあったりで・・・平均すれば6割くらいの打率です。

──商品を企画するうえで大事にしていることは?

みなさまのド肝を抜くインパクトを大事にしています。そして、買っていただいた方が笑顔になってくれると尚うれしいです。

──コロナ禍で、クスッとなるカプセルトイの癒やし需要は増えていると思います。最後に、今オススメの「マニアック」な商品があれば教えてください!

先日発売された、各時代を代表する兜をかぶる「兜むし」も、良い意味でまぬけ感漂うカッコいい仕上がりとなっております。「のたカナ」(のたうつカナブンの略)を気に入っていただいた方には特にオススメです。

「のたうつカナブン」は300円(全5種・対象年齢15歳以上)。関西では「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」「キデイランド大阪梅田」「エディオンなんば本店」、ほか「イオンモール」や「イズミヤ」など。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本