お坊さんDJと仏像グッズデザイナーのユニット、奈良で本格始動へ

2021.2.20 07:15

『仏下(ぶつした)邪鬼ソックス』のデザイナー、マシュロバさん(左)と家族で楽しめるクラブイベントを企画するお坊さんDJの武田慶之さん(右)の仏縁ユニット

(写真8枚)

お坊さんDJと仏像グッズデザイナーによる、奈良県在住の仏縁ユニットが、初のオンラインイベント『あ、うん ~仏しタイム~』を2月23日に開催。これまでにないスタイルで仏教の魅力を伝えるとあって、注目を集めそうな2人だ。

メンバーは、「家族で楽しめる」クラブイベントを企画するプロのDJ兼僧侶の武田慶之さん(善行寺副住職)と、邪鬼をモチーフにした『仏下(ぶつした)邪鬼ソックス』で人気のデザイナー、マシュロバさん。2020年にユニットを立ち上げ、イベント第1弾をおこなったものの新型コロナウイルスの影響で活動を中止。今回、改めてユニットとして始動する。

きっかけは、身近な人たちから聞く、「仏像には興味があるけれど仏教を知らない」「仏教もお寺も敷居が高い気がする」「クラブに興味はあるが怖くて行ったことがない」「幼い子連れで音楽イベントに行きたいが、なかなか難しい」という声。そこで、プロである自分たちの能力を活かし、老若男女ウェルカムのイベント企画にたどりついたそう。

2人とも幼い子を持つ親であり、主夫でもある武田さんは、「子育てをしながら働く、親たち自身の楽しみが減っている気持ちはよく分かります。音楽と仏像が好き過ぎる、こんな2人だからこそ、それぞれのファンを巻き込みながら、仏さまのご縁で何かできるのでは?と。どの年代の人たちとも心から楽しい気持ちを共有できる場をつくれたら」と話す。

四天王に踏まれる「邪鬼(じゃき)」をモチーフにした、マシュロバさんデザインの『仏下(ぶつした)邪鬼ソックス』

ちなみに、第1回イベントでは、京都からママと訪れた6歳の女の子が「楽しかった!踊りたくなった」とコメント。クラブイベント初体験という坂本さん(奈良市50代女性)も「正直、カッコよかった。お坊さんは硬いイメージなのにプロのDJで、声明を聴くことができて、(マシュロバさんの)グッズもあって宗教に親しみが持てた」と年齢関係なく楽しめたそうだ。

「私たちが語呂合わせで昨年スタートさせた仏下の日(2月24日)を迎える前に、ゆるい雰囲気で祝日の午後にお茶でも飲みながら観ていただけたら」(マシュロバ)、「決して仏教を広めたいみたいな大げさなものでは無いですが、生配信している時間にわざわざお参りいただいた方とのご縁を喜びたい」(武田)と話す。

今回は、インスタの生配信で、2月23日の14時~16時に予定。1部で仏教や本、音楽など2人のトーク、2部で武田さんのDJによるマシュロバさんのライブペインティングがおこなわれる。マシュロバさんのインスタグラムのアカウント(@mashroba1411)をフォローすれば、無料で参加可能。

取材・文・写真/いずみゆか

『あ、うん ~仏しタイム~』

日時:2021年2月23日(火・祝)・14:00~16:00(予定)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本