矢口真里、15年ぶりに水着撮影「使い古された私が一肌脱いだ」

2021.2.15 20:45

「タイトルどおり、妻のビキニがこのゲームのキモ。より多くの方にプレイしていただきたい」と話す田村淳(左)と、矢口真里(写真提供:MBS)

(写真5枚)

田村淳がMCを務めるeスポーツ番組『YUBIWAZA』(MBS・木曜25時59分放送)で展開中の「オリジナルクソゲー開発プロジェクト」。2月18日放送回では、ついに完成したクソゲー「妻のビキニ」を淳らがプレイする。

「妻のビキニ」は、同じくMCの矢口真里風の女性がストーカー男から逃げ続けるというもの。シンプルな内容ながら複雑な操作が必要で、実際にプレイした淳は大苦戦。そんなゲームの目玉は、特定のスコアや条件を達成すると見ることができる、矢口が15年ぶりに撮り下ろした水着姿の特典画像だという。

この画像を見ることができるのは「理論上1〜3%の確率しかない」(開発者)と希少で、しかも撮影をおこなった矢口の実妹や番組プロデューサーら数人しか見ていない、厳重にガードされたお宝写真だという。

番組ではZoomを使った完成記念記者会見もおこなわれ、矢口が特典画像と同じポーズを披露。「自宅で、ありとあらゆるものを使ってセクシーに見えるように撮った。使い古された私が文字どおり一肌脱ぎました」(矢口)と自信を見せると、淳も「無修正の、今の人妻の状態の矢口真里さんのビキニです。旦那さんも知らない妻のビキニ。大人のセクシービーム」と強調した。

今回の撮影を終え、「今後撮るつもりもないので、これが最初で最後の妻のビキニ」と話す矢口に、淳は「もしかしたら『妻のビキニ2』が出るかも。僕は『妻のM字開脚』か『妻のクローゼット』までいってほしい」と、矢口の過去のスキャンダルをイジって困惑させ、さらに「ゲームは時間がある人が有利。個人的には(アンジャッシュ)渡部くんにぜひやっていただきたい」と語りかけた。

この模様は2月18日・25時59分より放送される。クソゲー「妻のビキニ」は同日18日にAppストア及びPlayストアで無料配信される予定(スマホ対応アプリ、課金制度無し)。

取材・文/上地智

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本