西野七瀬が初舞台の稽古で見せた、アイドルと小劇場の違い

2021.2.11 18:15

アイドル出身の西野七瀬と小劇場出身の木野花(1月25日)写真/田中亜紀

(写真6枚)

元乃木坂46で女優の西野七瀬が、今春上演される劇団☆新感線の舞台『月影花之丞大逆転』でソロとしての初舞台に挑戦。1月25日におこなわれた会見で心境を語った。

稽古初日は、「緊張しすぎて誰の目も見られなくて。ストレッチすらずっと緊張してたんですよ、ガチガチで・・・。体を柔らかくしなくきゃいけないのに、ずっと力が入ってて」と西野。

さらに、「何もかもが挑戦ですけど、ひとりのセリフがあって、もし本番で頭が真っ白になったらどうすればいいんだろう、どうしようって今から不安」と打ち明けた。

本作の共演者で、小劇団をベースに50年近いキャリアを積むベテラン女優の木野花は、「この舞台が初舞台って人っていないと思うの。ここを体験すると、たいていの舞台、大丈夫。自信が付くんじゃないか」とエール。

しかし、「まだそんなにもまれてもないですね。ここから先、欲を持っていけばもっと楽しくなるんじゃないかなと思って、期待して見ています」とも。

その一方で、演出家・いのうえひでのりからは、進行上の段取りが体に入ってると賞賛。西野は、「いのうえさんが(演出を)つけてくださるのが、振り付けみたいだなと思って」と自信を見せた。

すると、いのうえが「立ち位置でどこに行くかみたいなのは多分、木野さんが一番苦手だと思う」と暴露。主演の古田新太が、「そこがアイドルと小劇場(の違い)」と応え、笑いを誘った。

本作は、最小人数&短い上演時間で「Yellow/新感線」と銘打たれる公演で、ほかには阿部サダヲや浜中文一らが出演。

2月~4月の東京公演の後、大阪は4月14日~5月10日に「オリックス劇場」(大阪市中央区)で上演。チケットはS席・SD席14800円、AD席11000円、22歳以下2200円で、3月7日に発売される。

写真/田中亜紀

Yellow/新感線『月影花之丞(つきかげはなのじょう)大逆転』大阪公演

日程:2021年4月14日(水)〜5月10日(月)
会場:オリックス劇場(大阪市西区新町1-14-15)
料金:S席14800円、SD席14800円、AD席11000円、22歳以下2200円
電話:0570-200-888

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本