町田啓太主演ドラマのビジュアルが公開、美形のバーテンダーに

2021.2.10 20:45

2月10日に公開されたポスタービジュアル(写真提供:MBS)

(写真1枚)

ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』で、日本だけでなくアジアからも注目を集めた俳優・町田啓太が新たに主演を務めるドラマ『西荻窪 三ツ星洋酒堂』(MBS・2月11日放送スタート)。そのポスタービジュアルが10日に解禁された。

同ドラマは、悩みを抱えた人がなぜか思わず足を踏み入れてしまう、不思議な魅力を秘めた小さなバー「三ツ星洋酒堂」を舞台に、毎話新たに登場するお客とバーテンダー・雨宮涼一朗(町田啓太)、シェフ・中内智(藤原季節)、オーナー・小林直樹(森崎ウィン)らの人間模様を描くヒューマンドラマ。

新たに公開されたポスターは、あたたかなライトが灯る小さなバーを背景に、バーテンダーの町田と、その横には藤原と森崎。「人生に悩む人々が誘われる、癒しの空間」のコピー通り、落ち着いたビジュアルに仕上がっている。

主演の町田は、「原作を拝読させていただいたときに、雨宿りのような物語だなと感じました。雨宿りに足を止めてみたときに出逢った人たちと、どんな雨の中を歩んできたのか語り合い、気が付くと雨が上がり気持ちに晴れ間が差して、またそれぞれ歩いていく・・・。そんな不思議と心が和らぐような作品を目指して励みたいと思います」とコメントする。

続けて、「みなさんも画面越しにはなりますが、ぜひ立ち寄ってみてください」と、視聴者に語りかけた。第1話は2月11日・深夜0時59分より放送される(一部地域は放送時間が異なる)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本