神戸どうぶつ王国×けものフレンズ、初のスナネコ共演叶う

2021.2.9 07:15

『「けものフレンズ」と行く もっと知りたい!もっと見たい!めぐろう動物園』(C)けものフレンズプロジェクト

(写真8枚)

人気コンテンツ『けものフレンズ』と動植物園「神戸どうぶつ王国」(神戸市中央区)のコラボイベント『「けものフレンズ」と行く もっと知りたい!もっと見たい!めぐろう動物園』が、2月11日から開催。スタンプラリーやキャラクターパネルで園内を盛り上げる。

超巨大総合動物園「ジャパリパーク」を舞台に、神秘の物質「サンドスター」の影響で動物からヒトの姿へと変化したフレンズたちが大冒険を繰り広げる物語で人気の『けものフレンズ』。アニメや漫画、舞台、スマホゲームなどさまざまなコンテンツが展開されており、2018年に同園で開催されたコラボイベントも話題となった。

今回、文化庁委託事業「博物館異分野連携モデル構築事業」の一環として実施される同イベント。「神戸どうぶつ王国」を含めた国内5カ所の動物園(日立市かみね動物園、羽村市動物公園、伊豆アニマルキングダム、豊橋のんほいパーク)で開催され、キャラクターのモチーフとなった動物を実際に見て、キャラクターとの共通点を見つけるなど、楽しみながら学ぶことができる。

『けものフレンズ』のスナネコ( (C)けものフレンズプロジェクト)と、「神戸どうぶつ王国」のスナネコの赤ちゃん(第1子・2020年10月撮影)

特に注目は、この作品で知名度を大幅にアップさせた「スナネコ」。現在、国内でスナネコが飼育されているのは同園と姉妹園の「那須どうぶつ王国」の2園のみで、開催5園のなかでは唯一スナネコに会えるというレア度の高さで、ファンからの熱い人気を集めそうだ。

また期間中、飼育されている5種類の動物を巡るスタンプラリーも。入園者は誰でも無料で参加することができ、希望者は入園時にオリジナルスタンプ帳が受け取れる。

そのほか、動物展示エリア近くには同園で飼育されている動物のキャラクターパネルが20種類スタンバイ。コンセプトデザインを務める吉崎観音氏描き下ろしのウェルカムボードも設置され、来園の記念に写真撮影などをして楽しむことができる。営業時間は10時〜16時。開催期間は2月11日から3月7日まで。

文/野村真帆

『「けものフレンズ」と行く もっと知りたい!もっと見たい!めぐろう動物園』

期間:2021年2月11日(祝・木)〜3月7日(日)
会場:神戸どうぶつ王国
営業:10:00〜16:00(入園締切15:30)※毎週火・水・木曜休(祝日除く)
料金:無料 ※入園料別途必要

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本