日本人の88%は知らない? 欧米の家庭料理をモス流にアレンジ

2021.2.5 17:15

「マッケンチーズ&コロッケ」(436円・税抜)

(写真3枚)

全国に店舗を展開するハンバーガー店「モスバーガー」(本社:東京都品川区)が2月10日、新メニュー「マッケンチーズ&コロッケ」を期間限定で発売する。

牛丼チェーン「松屋」(本社:東京都武蔵野市)がジョージア料理・シュクメルリ鍋を発売するなど、コロナ禍で外出自粛が続くなか、おうちにいながら旅行気分を味わえるようにと、各チェーンから海外の郷土料理が続々と販売されている。

「モスバーガー」では、日本人のほとんどが知らないと言われるアメリカやイギリスの家庭料理「マッケンチーズ」を採用。マカロニにチーズを絡めたグラタンの一種で、それをソースにしてコロッケと合わせたという。また隠し味として、紀州南高梅のペーストを使用し、モス流のアレンジを加えた斬新なバーガーとなっている。

そのバーガーにぴったり合う、柑橘シロップとコーラを合わせた「ネーブルコーラ」(Sサイズ213円〜)も同時発売。期間は2月10日〜3月下旬まで、全国のモスバーガー店舗で発売(一部店舗を除く)。

モスバーガー『マッケンチーズ&コロッケ』

期間:2月10日〜3月下旬
販売店舗:全国のモスバーガー(一部店舗を除く)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本