涙してしまう!? 韓国ドラマ『愛の不時着』展が関西で初開催

2021.1.26 13:15

スイスで出会ったユン・セリとリ・ジョンヒョクのフォトスポット。※画像はイメージです。(C)CultureDepot. (C)STUDIO DRAGON CORP.

(写真16枚)

大ヒット韓国ドラマの世界観が展開される『愛の不時着』展が、「大丸梅田店」(大阪市北区)で3月5日からスタート。ファンにとっては待望の内容となる。

2020年2月に動画配信サービス「Netflix」で配信が開始されてから、全話を一気に鑑賞してしまうのはもちろん、繰り返し鑑賞して「◯周した」という人も珍しくないほど、中毒性が高いといわれるドラマ『愛の不時着』。

パラグライダーで国境線を越えてしまった韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)、その彼女を手助けし、守っていく北朝鮮の軍人リ・ジョンヒョク(ヒョンビン)。その2人がさまざまな困難を経て、育んでいく愛を描く。

今回の企画展は東京で開催中で(2月27日まで)、SNSでは「思い出して思わず涙が出ます」「部屋まで再現されて行った甲斐がありました」「もう1回行きたい」といった感想も。今回の大阪の展示会場でも、未公開カット250点を含む全450点の写真や映像、出演者らが着用していた軍服などの衣装や、小道具などが展示される。

さらに、ファンであればたまらないのは再現スポットだ。出会いのパラグライダー、リ・ジョンヒョクのリビング、運命を感じるスイスのピアノ、別れの国境など、いずれも名シーンばかり。

また、会場での限定グッズも豊富で、アクリルスタンド(8種ランダム・各1000円)、マグカップ(3種・各1500円)、フレーム切手&ポストカードセット(5000円)などがラインアップ。

大阪での期間は3月28日まで、料金は1800円。一般発売は2月11日から、公式ガイド付き入場券3000円は2月5日〜7日に受付(抽選制)。今後は福岡、名古屋でも開催が予定されている。

(C)CultureDepot. (C)STUDIO DRAGON CORP.

『愛の不時着展』

期間:2021年3月5日(金)〜3月28日(日)
会場:大丸梅田店13階 特設会場(大阪市北区梅田3−1-1)
料金:1800円(2月5〜7日受付の公式ガイド付きは3000円)

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本