ミシュラン店・初のビストロ「居心地悪いぐらいスタイリッシュ」に

2021.1.21 11:15

オープンキッチンを囲む、カウンターは20席

(写真9枚)

大阪市内にカフェやフレンチなど8店舗を展開する「リュミエール」グループの新店舗「ビストロカラト」(大阪市中央区)が1月21日、「心斎橋パルコ」13階にオープンした。

「実はビストロという業態は初めてなんです」と話すオーナーシェフの唐渡泰さん。レストランのまかないでよく作るというオムライスやカレー、ハンバーグなどの洋食がメニューに登場し、グラスで飲めるワインは16種をそろえ、気軽さをウリに。

朝11時から夜8時までの終日営業ゆえ、休日にグラスシャンパンとサラダというブランチも可能。もちろんデザートだけ、ドリンクだけの利用もOKで、ランチタイムを逃した後でもハンバーグが食べられたり、食事のシメにハーフサイズのカレーを注文することもできる。「1皿だけの注文も、数人でのシェアも、自由なスタイルで楽しんで」とシェフ。

生野菜、グリル野菜、ポーチドエッグなどが盛られた、野菜の美食サラダ1320円

「リュミエール」といえば、20種類以上の野菜を煮たり焼いたり、ピュレやソースにしてワンプレートに美しく盛り付けたスペシャリテ「野菜の遊園地」が名物だが、そのエッセンスを盛り込んだ「野菜の美食サラダ」(1320円)は、さまざまな野菜の濃厚な味わいがぎゅっと詰まったひと皿で、1品で完結できるほどのボリュームだ。

店内はアーティストによる作品に、こだわって選んだイス、柳宗理のザルとボウルで作ったランプなどユーモアも交え、シェフいわく「居心地が悪いぐらいスタイリッシュな」空間に仕上げたとのこと。オープンキッチンを囲むカウンター20席、テーブル18席。デザートセット1210円。ステーキとワタリ蟹の冷製ビスクスープのセットメニューは4620円(ハーフサイズ2310円)。料理はすべてテイクアウトOK。

「ビストロカラト」

2021年1月21日(木)オープン
住所:大阪市中央区心斎橋筋1-8-3 心斎橋パルコ13F
時間:11:00〜20:00 ※不定休
電話:06-6484-8286

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本