阪急阪神ホテルズ、一部ホテルの休業を発表

2021.1.15 06:45

商業施設リンクス梅田の上層階に位置する「ホテル阪急レスパイア大阪」

(写真4枚)

「阪急阪神ホテルズ」(大阪市北区)が、1月17日から直営レストランを休業し、1月20日から大阪府と東京都の7ホテルを休業すると発表した。

すでにブッフェレストランなどは休業している同社だが、「緊急事態宣言の発出を受けて、お客さまと従業員の健康と安全を考えて営業内容を変更します」とコメントし、直営レストランは2月7日まで休業し、営業するホテルのみ朝食営業を実施。また7ホテルが2月21日まで宿泊を停止する予定だという。

大阪では「大阪新阪急ホテル」「新阪急ホテルアネックス」「梅田OSホテル」が休業し、2019年11月に開業した「ホテル阪急レスパイア大阪」を代替の宿泊先として案内。こちらは2020年の緊急事態宣言の際は休業したが、3名、4名用の客室もあり、家族連れにも好評なため、今回は営業を継続することに。

また、2019年にインバウンド向けとしてオープンした「ホテル阪神アネックス大阪」は、「ホテル阪神大阪」へ。東京都の「第一ホテルアネックス」は「第一ホテル東京」へ、「レム東京京橋」「レム秋葉原」は、「レムプラス銀座」「レム日比谷」「レム六本木」が代替の宿泊先となる。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本