山田裕貴、都市伝説が好き過ぎて真木よう子を呆れさせる

2021.1.11 19:15

生活安全課少年係の三枝弘樹を演じる、山田裕貴(c)ktv

(写真5枚)

1月12日よりスタートするドラマ『青のSP(スクールポリス)−学校内警察・嶋田隆平−』(カンテレ・フジテレビ系)の記者会見が10日にオンライン上で開かれ、出演者の山田裕貴が都市伝説好きであることを明かした。

同作で山田が演じるのは、藤原竜也扮する嶋田隆平の後輩刑事・三枝弘樹。「今年2月で、この仕事をはじめて10年になるんです」という山田は、藤原、真木との共演について「ずっと(作品を)観ていたおふたりなので、一緒にやれる嬉しさと緊張がありました」と、気持ちが高ぶったという。

会見に登場した(左から)山田裕貴、藤原竜也、真木よう子(10日・東京都内)

撮影現場では「藤原さんと都市伝説の話をよくしていた」という山田。藤原も「宇宙人に遭遇したとか、UFOを見たとか、山田くんはそういう話が好きなんです」と語る。ところが山田は、共演の真木よう子に都市伝説の話をしたときのことを振りかえり、「僕がバーッと喋りすぎて、逆に真木さんがどんどん興味を失っていったんです(笑)」と、残念そうに苦笑い。

しかし、そんな真木から「山田くんは生徒役の方たちからすごくモテていた。かっこいいって」と明かされると、「えっ、知らなかった」と、うれしそうな表情を浮かべた。

新型コロナ対策のなかで昨夏におこなわれた同ドラマの撮影。山田は、「いろんな制限のなかで作品に取り組まなきゃいけない。(作品の)灯が絶えないように、仕事ができる日はいつも最高のパフォーマンスでやっていきたい」と力を込めて話した。ドラマは1月12日より、毎週火曜日夜9時スタート。

取材・文/田辺ユウキ

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本