「鬼滅の刃」世界観、コスプレイヤーに身近で楽しむコツを訊いた

2020.12.27 16:15

母・娘で漫画『鬼滅の刃』1巻のシーンを再現し、世界感を共有 ※許可を得て撮影

(写真9枚)

無限列車を彷彿とさせるSLと竈の神様をまつる神社へ

主人公の苗字である「竈門」と同じことから、福岡県の「宝満宮竈門神社」が聖地として知られているが、寺社が多い奈良県内にもそれと似た神社がある。銀さんがツイッターで知ったという北葛城郡王寺町にある「久度神社(くどじんじゃ)」だ。御祭神の「久度大神」は、竈の神で火の元の神様。古くから竈のことを「おくどさん」と呼ぶが、その「くど」の意味だ。

竈の神をまつる「久度神社」にて。銀とき子さん(善逸コス)ら

「創建は奈良時代より古く、歴代皇室の崇敬も篤い神社です」と森村宮司。ツイッターで「炭治郎っぽい」と紹介されていたことは知らなかったという。しかし、息子さんが鬼滅ファンとのことで、銀さんから王寺町を通じ依頼されたコスプレ撮影を喜んで許可してくれた。「おくどさん(竈の神様)なら、皆さんの身近にもきっといると思うので、世界観に浸りやすいのでは?」と銀さん。

「舟戸児童公園」内にあるSLは、映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の世界観を楽しめる

そして、久度神社から徒歩圏内にある「舟戸児童公園」(奈良県北葛城郡王寺町)には、映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』を彷彿とさせるSLがある。明治23年に奈良県初となる大阪鉄道会社の王寺・奈良間が開通し、今年、駅開業130年を迎えた王寺町は、鉄道の町としても知られている。

地域交流課の前田さんは、「県内には他にもSLはありますが、王寺町のSLは気軽に運転席などで撮影できるんです」と説明する。また、「SLと久度神社どちらも、JRや近鉄の駅から近いので、駅前の王寺町地域交流センター「りーべる王寺」の和室を借りて、コスプレに着替えてもらえたら。コスプレ撮影許可も観光協会に連絡ください」とウェルカムな態勢だ。

作品に直接ゆかりがある場所ではなくても、「周りを見渡せば、身近なところにあなただけの聖地がきっとあるはず」と、銀さんは話す。

SLの中に入って撮影することも可能

同行した迦南丸さんは「鬼滅は家族愛がテーマの作品。私たちは家族でコスプレをして世界観を楽しみますが、コスプレしなくても、いろいろな場所を家族で訪れて世界観を共有するのも醍醐味だと思います」と話す。家族一緒に楽しむことで、思い出が共有できるし、新たな発見や絆が芽生えるかもしれない。

取材・写真/いずみゆか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本