千葉ロッテ移籍1年目の鳥谷選手が、パリーグの野球を分析

2020.12.20 19:15

鳥谷敬選手(千葉ロッテ)©ytv

(写真1枚)

関西ローカルの情報番組『す・またん!』(読売テレビ)で、阪神タイガースを退団したレジェンド、鳥谷敬選手がスタジオ生出演。今シーズンから所属する千葉ロッテの1年目を振りかえる。

鳥谷選手は2003年、ドラフト1位で阪神タイガースへ入団。2019年まで16年間阪神でプレーし、1軍公式戦1939試合連続出場、13シーズン連続全試合出場(いずれも歴代2位)や2000本安打を達成するなど、数々の記録を打ち立てた。2019年に阪神を退団、その去就が注目されたが、ロッテから獲得オファーがありパ・リーグへと移籍した。

日本シリーズでは、巨人がソフトバンクに2年連続で4連敗を喫し、野球ファンの間では圧倒的な力の差を表す揶揄、いわゆる「33-4」が定着するなど、パ・リーグとセ・リーグの実力差が論じられるなかで、鳥谷選手が肌で感じたパ・リーグの野球とは。そのなかで、今季42試合に出場し打率.139で終えた自身の成績を振りかえるとともに、「実力のパ」について語るという。

この模様は、12月21日・午前5時50分(スポーツコーナー内)から読売テレビで放送される。

読売テレビ『す・またん!』©ytv

放送:12月21日・午前5時50分~

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本