インディアンスが敗者復活、M−1グランプリ2020

2020.12.20 19:19

敗者復活戦でのインディアンス (C)M-1グランプリ事務局

(写真15枚)

12月20日に開催されている『M−1グランプリ2020』(ABCテレビ・テレビ朝日系)で、最後の一枠として、インディアンスが敗者復活を果たした。

同日14時55分から実施された敗者復活戦。出場したのは準決勝で敗れた15組で、金属バット、タイムキーパー、コウテイ、カベポスター、インディアンス、からし蓮根、ぺこぱ、ランジャタイ、滝音、キュウ、学天即、ゆにばーす、ダイタク、ロングコートダディ、ニッポンの社長の順で漫才を繰り広げた(祇園は欠場)。

本番のネタ順は、クジを引き、呼ばれたコンビがそのままネタを披露する「笑神籤(えみくじ)」方式。インディアンスが「笑神籤」で選ばれたのはなんとトップバター。このあとすぐ決勝の舞台で漫才を披露する。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本